音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS レッズヒヤヒヤ引き分け Jリーグ第2節

<<   作成日時 : 2005/03/13 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 何とか拾った勝ち点"1"だった。2005シーズン2節を終えたところだけど、改めて勝つことの難しさを実感させられている。

 川崎は昨年のJ2を勝ち点"105"というぶっちぎりの成績で優勝し、J1への復帰を果たしてきた。その原動力はやはりマルクス、我那覇、ジュニーニョが形成する強力3TOPだろう。レッズももちろんその3人には警戒していたし、研究もしたんだろう。しかしカウンターの形でその3人に縦パスでボールを出されてしまうとスピード勝負になってしまうので正直キツイ。ボールの配給元を断たないことには好き勝手にやられてしまうので、そこで昨年レッズの基本戦術となっていた高い位置からのプレスが必要になってくるのだが、いかんせん前線のエメ、達也のコンディションが良くない上に、啓太もいないので思うようにプレスがかけられず再三カウンターに脅かされる結果となってしまった。そうすると、ラインを押し上げるにも守備が気にかかってしまって、どうも単発な攻撃ばかりになってしまっていた。そんな状態なので、全体的に受けに回ってしまっているような印象になっていた。

 1-1で迎えた後半、ネネが負傷のためにディフェンスが止まってしまった隙を突かれて我那覇に決められ、アウグストにも豪快にフリーキックを蹴り込まれて2点差をつけられて、いよいよ岡野と横山を投入するスクランブル。この二人によるワン・ツーパスからの岡野のゴールで1点差に迫った。そこからも猛攻を仕掛け、3分のロスタイムの93分を経過したところでアレから闘莉王のヘッドという形でようやく追いついた。その直後に試合終了、ギリギリのところで掴んだ勝ち点"1"、これを有意義なものに出来るかどうかは今後のリーグ戦の闘い方にかかっている。

J1
大 宮 1-1 神 戸
東京V 0-0 清 水
鹿 島 2-2 G大阪
川 崎 3-3 浦 和
C大阪 2-3 横浜M
広 島 0-0 FC東京
千 葉 2-2 柏
新 潟 2-1 大 分
磐 田 0-3 名古屋

J2
横浜FC 1-1 山 形
甲 府 1-1 仙 台
京 都 3-0 草 津
徳 島 2-3 湘 南
福 岡 4-1 水 戸
札 幌 0-1 鳥 栖

 15試合中8試合が引き分けでした。それだけ実力が拮抗しているのか?う〜ん、いやどのチームもまだまだトップフォームではないからかな?これでJ1は2連勝のチームがなくなりました。来週・再来週J1はナビスコカップなのでその後のリーグ戦は徐々にコンディションが良くなって、上位・中位・下位が分かれてくるものと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3/12 川崎vs浦和戦 レポート
3/12 川崎vs浦和 15:30キックオフ ...続きを見る
sattiのサッカーコラム 〜TAKE ...
2005/03/17 01:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は今回の引き分けはプラスだと思います。
追いついての引き分けですし、連敗を止めたので良かったと思いたいです。

次はナビスコ予選ですが、毎年予選の最初は苦労しますからね(;_;)とりあえず、覚悟しておかないと...せめて、今度のナビスコ予選2試合でリーグ戦に向けてコンディションを上げて欲しいです。(特にエメ)
tran
2005/03/14 01:07
こちらでは、お初です。
TV観戦いたしましたが、イライラしてしまいました。
足がとまっていて、なんなんだ???と・・・
2戦目、一番頑張っていたのは酒井くんだね。酒井くんのブレイクに期待!
暢久LOVE
2005/03/16 13:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッズヒヤヒヤ引き分け Jリーグ第2節 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる