音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS 第22節 vs鹿島

<<   作成日時 : 2005/09/04 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 4


 普段サッカーに対して、というか浦和の試合に関しての記事は書かないんだけど、今日だけは言いたい事を言わせてください。

「ウチ(浦和)にとっての優勝へ向けた大切な天王山の試合を柏原丈二主審あんたがブチ壊した!」

 今日の試合は本当にこれに尽きます。確かに1点目の鈴木隆行のPKを取った判定は妥当なものでした。あれはクロスを上げた名良橋と、あのスペースに走りこんだ鈴木の勝ちです。しかし、その後の試合の裁き方は最悪そのもの。まずファールを取る基準が曖昧、アドバンテージで流す基準も曖昧、判定を下すのも遅い、不要な所でピッピッと試合を止める。それでイライラした選手を無理やり警告で抑え込もうとすると更に激高するのは当たり前の話。選手が少しでも判定に不服な態度をすれば、半分喧嘩腰で怒鳴りつける、これじゃあまともな試合にはなりません。退場させられた闘莉王なんて審判に殴りかからんばかりでしたからね。いくら熱い男でも、いつもはあそこまで激高しません。

 本来、審判ってのは選手をコントロールし、試合をコントロールしながら一緒に試合を作っていく存在なんですが、選手を指差してまずは威圧をして何か都合の悪いことがあればイエローカードを楯にして逃げてしまう。こんなのスポーツの試合でも何でもありません。ピッチ上に一人の独裁者がいて自分の好き勝手にゲームを作っているだけのように見えます。兎に角、レッドカード1枚、イエローカード12枚が出る試合なんてのは異常です。

「柏原丈二主審、頼むから試合の流れを呼んでください。」

 …と、言いたいのですが今日の試合のような異様な雰囲気に完全に飲まれてしまった人には通じませんよね?なので、この人には大一番の試合にはもう二度と出てきてほしくありません。それは浦和の試合に限ったことではなく、全てのサッカーの試合、そう国際試合にもです。このレベルの審判が笛を吹くようであれば、日本の審判のレベルの低さを露呈し恥を晒しに行くようなものですからね。

 話は全く変わりますが、一人退場した(させられた?)上に2点のビハインドを追いついて引き分けに持ち込んだ選手達のファイティングスピリットには敬意を表します。本当に感動しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
9/3鹿戦試合雑感
暑く、そして熱く戦い抜いてヘトヘトになって深夜帰宅しました。劇的な引き分け劇でも ...続きを見る
BornToBeRED!
2005/09/04 12:14
俺達の浦和レッズ
2失点に加え闘莉王の退場により数的にも不利 そんな状況から同点に追いつき 更にゴールを目指す選手達の頑張りに涙が出そうになった 駒場での試合で相当疲れていたはずなのに ...続きを見る
Reds Sound
2005/09/04 13:39
PRIDE OF URAWAという言葉の強さを実感した初秋の夜
いたずら防止に柵で囲まれてしまったジーコ像。「浦和戦のカシマスタ運営」、これまでの教訓が生きていたのはここだけ。 ...続きを見る
事務局だより
2005/09/04 14:36
御礼
現地参戦の皆様 本当にお疲れさまでした。 いつもながらの「擬似ホームエミュレーション(勝手に造語)」は、 小気味のよいものです。 そんな皆様の戦いの素晴らしさはワタシの鳥肌が証明してました。 選手の皆様 あの場は冷静になればよかっただの、 あれじゃ&蠎蠅了.. ...続きを見る
ナイスミドルな日々
2005/09/04 15:29
鹿島2−2浦和
鹿島2−2浦和 カシマ 35467人 ≪得点者≫ 鹿島:小笠原17=PK、アレックス・ミネイロ27 浦和:田中達77、ポンテ86 試合開始前からスタジアムは超ハイテンション! 何が何でも勝ちたい試合だったが、あっという間に2失点。 おまけに試合のリズムを崩す柏原ジョージに抗議.. ...続きを見る
ダイヤモンド★ロックス
2005/09/04 17:01
9月 3日 J1 第22節 鹿島戦(鹿スタ)
浦和2−2鹿島 (浦)達也77 ポンテ86 (鹿)小笠原17 アレックス・ミネイロ27 ...続きを見る
HOME OF THE REDS
2005/09/04 18:13
鹿島国攻略作戦〜2005長月の陣
昨年同様鹿の首を狩るべく、意気揚揚と敵地に不法入国で乗り込んだわが浦和レッズ。 (開場直前の決起集会はまさに意気揚揚って感じでしたかねw) ...続きを見る
きんぐくんのBLOG
2005/09/04 18:38
帰国しました
鹿島国から帰国して風呂入って頭冷やして一息ついたとこです。 内容は録画を見てから。 ...続きを見る
ダイレクトにツナゲ
2005/09/04 18:56
アルパイの敵(かたき)取り損ね
■本山 (4) ■鈴木 (3) ■フェルナンド (3) ■新井場 (4) ■名良橋 (1) ■ポンテ (2) ■堀之内 (4) ■長谷部 (1) ■鈴木 (3) ■闘莉王 () ■闘莉王 () ■坪井 (1) ■闘莉王( 後半15分警告2枚目)  黄色12枚…もうやらんと言ったが、あえてもう一回やる... ...続きを見る
たけやす駅長の日常茶飯事:Pub QUE...
2005/09/04 19:23
鹿びいきにも【浦和レッズ】2005J第22節鹿島アントラーズ戦遠征記5
こんなむちゃくちゃな審判の下で何をしろと。 Jリーグには、浦和に抵抗する審判勢力があるらしい。 ...続きを見る
赤き地平より昇る妖星
2005/09/04 21:00
疲れる試合
 ■05.09.03 Jリーグ 第22節 vs 鹿島アントラーズ戦・カシマスタジアム  鹿島アントラーズ 2-2 浦和レッズ  得点者:17分小笠原(鹿島)、27分アレックス・ミネイロ(鹿島)、77分田中達、85分ポンテ  観客数:35,467人 ...続きを見る
オラニエ公のサッカーBlog
2005/09/05 05:41
2005.09.03 vs馬鹿島(2-2、馬鹿スタ、ゴル裏1階席)
・後半途中からの猛攻で引き分け。3点目のチャンスもあったが、選手達はプライドを見せてくれた。 ...続きを見る
いんちき研究所(仮)ブログVer.
2005/09/06 06:43
鹿島戦に思う
 絶対勝たなくてはならない鹿島戦、ジョージのお見事なジャッジで苦境に立たされたレッズ。  前半終了時点で2点のビハインドは老獪さが持ち味のチーム相手には正直きつく、後半さらに追い討ちを掛ける様に闘莉王の退場で数的不利になったが今回は何故か追いつける気がしていた。  テレビ画面を通してだけど、レッズの選手は開き直りとも取れる様に"リスクを背負っても絶対に勝つ"という気迫が全選手から出ていた、逆に鹿島の選手は"追加点を取って試合を決めてやる"と思っている選手と"2点差で相手が10人だから守ってや... ...続きを見る
Reds Blaze Up Impact
2005/09/06 13:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。
柏原氏は何でJリーグの審判が出来るのか不思議でしょうがないですよ。
ま、あんな審判はほっといて、写真いいですねぇ。
ゴール裏こんな事になってたんですか。
あぁスタジアムに行きたかった…。
hk
2005/09/04 22:44
TBありがとうございます。
柏原みたいな主審がいるからJのレベルが上がらないような…。
本当に何とかしてほしいですよね…。
ひろこ
2005/09/04 22:52
こんばんは。TBありがとうございました。
もっと白熱した試合になるはずだったんですが、試合の流れを止めるだけの
柏原主審のレフェリングには苛立ちしか感じませんでしたね。
とくじろー
2005/09/06 23:48
みなさまコメントありがとうございます。

>hkさん
日本も審判は人材不足らしいです。
だからいくら衰えても、カード何枚
出してもお咎めがないみたいですね。
そんな背景があるのは分かるんですが、
もう少し向上心もってやってもらわないと困りますね。
ゴール裏は入場前からかなり気合が入っていました。
来年は是非鹿狩り行きましょう。

>ひろこさん
柏原見てるとまだ岡田がマシに見えてくるから不思議です。
全体的に評判の悪い審判ってSRって肩書きがついているんですが、これがJのレベルが上がらない最大の理由だと思っています。

>とくじろーさん
まぁ、あれだけアドバンテージを止められたら闘莉王がブチ切れる気持ちが良く分かります。理解はできるんですが、手薄なDFには少々キツイですね。次節、堀之内も出れませんし…。
本来なら天王山で両チームとも気合が相当入っていて試合も白熱したと思うんですが、空気の読めない(空気に呑まれた?)主審のせいで選手もイライラしっ放しでしたね。
ハマヂ
2005/09/07 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
第22節 vs鹿島 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる