音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS 第84回 全国高校サッカー選手権大会 決勝

<<   作成日時 : 2006/01/09 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

 連覇を狙う鹿児島県代表・鹿児島実業と2度目の出場で初めて決勝まで進んだ滋賀県代表・野洲が対決。テレビで観戦してましたが、白熱しましたね。もちろん下馬評では前回大会で優勝している鹿児島実業が有力視されている。その上、この大会で鹿児島実業は1失点も喫していないのだから、まず注目されるのは野洲が鹿児島実業のゴールを割ることが出来るのかどうか?そして、フィジカルの強い鹿児島実業に野洲のあのテクニカルな攻撃が通用するのか?だ。

 序盤は鹿児島実業が押し込んでましたが野洲のディフェンスが必死にしのいでました。リスク回避のためか意識的にロングボールを多用していたようにも見えました。この大会での鹿実の立ち上がりからの攻撃力は相手を畳み掛けるような凄まじいものがあるし、そこをスカウティングしてのものだと思う。

 先制点を決めたのはなんと野洲。FKが跳ね返ってきたボールをクロスで入れヘッドで決めました。まぁ、野洲が得点するんだったらセットプレーからの得点が一番取れる確率が高いかなとは思っていたけど、それでもどこのチームも割れなかったゴールを割った功績は大きいし、今まで一度もリードされることが無かった鹿実がどういう動きを見せるのかも興味あったしね。

 前半はこの後も両チームチャンスを作ったけど、シュートが枠を捉えないことが多過ぎで、ちょっと将来の日本のFWが心配になってしまった。今までの大会でのFWってもっと得点率が高かったように思うんだけど、気のせいだったのかな?

 さて、後半。序盤は野洲も攻撃をしていたけどだんだんとバテてカウンター一辺倒になってしまった。でも、この攻撃が意外に効果的に決まってはいたけど…やっぱりシュートが枠行かなかったり、シュート打てなかったり。その代わりだんだんと鹿実が押し込み始めた。もういつゴールが決められてもおかしくないぐらいに。そして時間が80分にさしかかろうという所で鹿実がついにゴールを決めた。

 高校サッカーって準決勝までは40分ハーフの80分での試合だけど、この決勝だけは45分ハーフの90分の試合。未知の時間帯に指しかかろうという時間帯に喫したこの同点弾はちょっと効いたな〜と思った。そこからの10分間鹿実がもっと攻勢に来るかなと思ったら、鹿実もなんか緩めちゃったみたいでそんなガンガン来ない。…と、いうことは延長戦狙いということだったのかな?

 延長戦に入ってゲームが動いたのは後半の話。あの野洲の崩しは凄かったなぁ〜、サイドチェンジからサイドを崩してあげたクロスに飛び込んできた選手が見事に決めた。こうなってしまえば、テクニックを駆使して残り時間をやり過ごせばいいことで。でも、鹿実もパワープレーで最後は必死に得点を奪いに来たけど叶わず。野洲が初優勝を決めた。

 野洲のメンバーはほとんど泣いてたね、近頃あんなに優勝したチームの選手が泣くことも珍しいかもしれないが。あんな楽しい試合を見せてもらって、そして感動的なシーンも見られて良かった。それもこれも野洲の標榜しているサッカーのおかげかな。とにかく、おめでとう野洲高校!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<高校サッカー>野洲が初優勝 滋賀代表の全国制覇も初
冬はサッカーとラグビーが熱いですね。鹿児島実が勝つと予想してましたが見事にはずしました。野洲は全国制覇も初とのことですが高校サッカーでは珍しいですね。 ...続きを見る
格闘技と音楽のおもちゃ箱
2006/01/09 20:24
野洲が高校サッカー初優勝!
満員の国立競技場で行われた高校サッカー選手権大会決勝戦は滋賀県の野洲高校が延長戦の末に昨年の覇者・鹿児島実を2−1で競り勝ち初優勝を決めました。 ...続きを見る
FREE TIME
2006/01/10 00:33
高校サッカー改革? 野洲高校初優勝
前回の覇者・鹿児島実対初の決勝進出の野洲高校で行われた高校サッカー決勝戦。 総合力の鹿実と個人技の野洲の対戦と言われていたが、早速そんな展開になった。 プレスを仕掛ける鹿実に対し個人技で突破を図ろうとする野洲。 前半23分、野洲右からのFKに一度は鹿実DFも.... ...続きを見る
ヤクルト狂の独り言
2006/01/10 01:36
♪♪野洲イレブン!!おめでとう\(^0^)/ ♪♪
とうとう、この日が来ちゃいましたねぇ ...続きを見る
わたし的ちょこっとだけシアワセ♪
2006/01/10 06:43
第84回全国高校サッカー選手権大会決勝
国立競技場 ...続きを見る
スポーツ日記
2006/01/10 07:27
高校サッカー!野洲が横綱鹿実を破り日本一へ!やったね!
野洲が鹿実下して初の栄冠/高校サッカー えっ! ホント? マジで? やった〜〜!!!! 高校サッカー界の朝青龍のごとき、鹿実を破り、野洲が日本一となった! 先日の記事、コメントで語っていたように、野洲を応援していた私としては、感無量である! いや〜!いい.... ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/01/10 08:08
野洲高校の優勝が見せてくれたこと・・・
全国高校サッカー選手権大会は ...続きを見る
はらちゃきの徒然日記
2006/01/10 08:50
高校サッカー決勝
日テレの過剰演出が嫌いなので、 高校サッカーはほとんど見ていなかったんですよ。 だから野洲のサッカーについても、 メディアで「創造的」とか「レボリューション」とか、 言葉だけ見ていたんですよ。 ...続きを見る
スポーツ歩き
2006/01/10 09:58
。野洲初優勝おめでとう!!〜110分の死闘の果てに〜
 〜決勝〜 鹿児島実 1-2 野洲 【鹿】迫田(後34) 【野】荒堀(前23)瀧川(延後7) ...続きを見る
キングのオキラク蹴球記
2006/01/10 10:40
。野洲初優勝おめでとう!!〜110分の死闘の果てに〜
 〜決勝〜 鹿児島実 1-2 野洲 【鹿】迫田(後34) 【野】荒堀(前23)瀧川(延後7) ...続きを見る
キングのオキラク蹴球記
2006/01/10 10:41
高校サッカー決勝!野洲が激闘の延長戦を制し初優勝を飾る
高校サッカー選手権の決勝が9日行われ、野洲(滋賀)が連覇を狙った鹿児島実(鹿児島)を延長戦の末2―1で破り、初優勝を飾った。90分ハーフでも決着付かなかったゲームは10分ハーフの延長後半8分に野洲が決勝ゴールをあげて110分の死闘に決着をつけた。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2006/01/10 12:18
高校サッカー 野洲高校優勝!
鹿児島実業、2連覇ならず・・・&nbsp;。一昨日の準決勝(途中から)と今日の決勝だけはで見てました。いや〜、凄い試合だった!レベルが高いです。どちらかというと鹿実を応援していたので、シュートがはずれる度に「ぁぁああ〜!あぁ〜」とか言って。(笑)同点に追いついたときはこのまま行けるんじゃないかと思ったんですが、あと一歩得点に結びつきませんでしたね。一方の野洲はパス回しが上手いし、延長戦での決勝ゴールは圧巻!気持ちいいくらいきれいでした。そして、試合終了後の嬉し涙も悔し涙も爽やかに映り本当に素晴ら... ...続きを見る
Everyday life☆
2006/01/10 23:20
「熱い冬」FINAL
今日で終わるかと思うと、さみしさが・・・ 高校サッカー決勝は、鹿実VS野洲の対決に。 対照的なサッカースタイルでここまで勝ち上がってきたとあって、おもしろくなりそうという声は多かったです。 私も、このカードが決まった時から楽しみにしてました。 ...続きを見る
ともみのブログ
2006/01/11 16:01
Big change comes from outside
1月9日に国立競技場で行われた第84回全国高校サッカー選手権決勝戦をTV観戦していていろいろと想うところがあった。 ご覧になった方も多いと思うので細かい試合経過は省くが、フィジカルに勝る鹿児島実業が圧倒的に攻め、それを耐え凌いだ野洲が少ない ...続きを見る
擬藤岡屋日記
2006/01/11 20:07
再開
しばらく、海外に行っていた為に全く更新することが出来ませんでしたが、本日より、仕 ...続きを見る
colonna sportivo
2006/01/12 14:33
第84回全国高校サッカー選手権 決勝
1977年第55回高校サッカー選手権決勝 浦和南対静岡学園 攻めの静学、守りの浦和南。この伝説の試合に浦和が5−4で勝利してからは、何処の高校もこの2連覇した浦和南のサッカーを目指したといわれ、現在の高校サッカーの手本になっていると本で読んだ事がありました。その本の中で、もしこの試合に静学が勝利していたらまったく逆の今があると。代表でいえば82年イタリア対テレサンターナ監督が率いるブラジル。美しいサッカーをしたチームが勝利出来るとは限らないのがもどかしいけど、それはそれで今回の野洲と鹿実の試合は... ...続きを見る
HIROSHI SUZUKI 大都会BL...
2006/01/14 03:36
彼たちが魅せてくれた夢物語
1977年第55回高校サッカー選手権決勝 浦和南対静岡学園 攻めの静学、守りの浦和南。この伝説の試合に浦和が5−4で勝利してからは、何処の高校もこの2連覇した浦和南のサッカーを目指したといわれ、現在の高校サッカーの手本になっていると本で読んだ事がありました。その本の中で、もしこの試合に静学が勝利していたらまったく逆の今があると。代表でいえば82年イタリア対テレサンターナ監督が率いるブラジル。美しいサッカーをしたチームが勝利出来るとは限らないのがもどかしいけど、それはそれで今回の野洲と鹿実の試合は... ...続きを見る
HIROSHI SUZUKI 大都会BL...
2006/01/14 03:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第84回 全国高校サッカー選手権大会 決勝 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる