音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS vsジュビロ磐田【第2節】

<<   作成日時 : 2006/03/12 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 6

 ホーム開幕戦です。この日は56,512人入って観客動員500万人を突破したらしいです。これからもドンドン増えて記録を作っていくことでしょう。恐らく単なる通過点ですからね。

J.League Division1 第2節(14:00 埼玉スタジアム2002)

浦和レッズ 3-1 ジュビロ磐田

得点者:33分 闘莉王42分 三都主61分 ポンテ、87分 茶野隆之

GK:23 都築 龍太
DF:2 坪井慶介、4 闘莉王、20 堀之内聖
MF:6 山田暢久(⇒80分 16 相馬崇人)、17 長谷部誠、13 鈴木啓太
   8 三都主アレサンドロ(⇒70分 14 平川忠亮)、18 小野伸二(⇒83分 12 黒部光昭
FW:10 ポンテ、21 ワシントン

SUB:1 山岸範宏、19 内舘秀樹、7 酒井友之、9 永井雄一郎


主審:上川徹

 さて、試合ですがアレックスが異様にキレてました。アレックスがいいのか、対面の鈴木秀人がダメダメだったのか判断が難しいところですが、FKも決めたし、アレックスが良かったということにしておこう。反対サイドの暢久はアレックスがガンガン上がってしまう分、バランサーに徹していたようです。前節良い動きをしていたので、また見れるかと思って楽しみにしていたんですけどね。

 先制点はセットプレーで跳ね返ってきたボールを長谷部がカットして、そのままDFを切り返しで交わし上げたクロスの先にいた闘莉王が見事な低空ダイビングヘッドで決めました。やっぱ今年はセットプレー絡みでとることが多いね、予想通り。スタジアムで流れたりプレイでヘディングの瞬間も闘莉王がちゃんとボール見ているのも分かったし、お見事でした。闘莉王の後ろにも堀之内がちゃんと詰めていたし、あの場面は得点の確率は非常に高かったと思う。

 先制点を取る直前の時間帯い辺りから伸二がボランチの位置へ入り、スタート時にその位置に入っていた長谷部が高い位置へ入ってポジションチェンジしていた形になってましたが、そこらへんから急にボールが落ち着いて回るようになったように感じました。中盤の並びを変えるだけでも、色々な色を出せるんだなと感心しながら見てました。

 2点目は前述した通りアレックスのFKから。壁を越えてニアの上に吸い込まれていきました。もう蹴った瞬間入ると分かる綺麗な弾道でした。

 3点点目は都築からのパントをワシントンがすらした所で川口と茶野がお見合い、そこをポンテがボールをかっさらって冷静に無人のゴールへ流し込みました。ポンテがボールを取ってからゴールへ決める瞬間まで十分に楽しめました。

 反省すべき点ももちろんあります。まずは失点をした場面、セットプレーの確認を行っていたときにクロスを放り込まれて決められてしまったわけですが、ボールには集中しておくべきでしたね。それと警告が多い。主審の判定に”?”を付けたくなるものもあったけれど、まぁまぁ妥当な判定でした。伸二はもう2枚目だし、いくら選手層が厚いといっても、なるべくもらわないでもらいたいなと思います。

 相馬と黒部もレッズで初出場を果たしました。両者とも与えられた時間自体は短かったわけだけど、気持ちを前面に出して今後に期待を抱かせるプレーを見せてくれたと思っています。どちらも今までのレッズにはない特色を持っている選手ですからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第2節 磐田戦。
今季初ホーム、相手はいきなり磐田。 チケットがたくさん売れているとか、R指定ができたとか なんかいろいろな話題先行な感じだよなぁと思いつつも8時にはスタジアム到着。 ...続きを見る
nakaのまったりしたBLOG
2006/03/12 22:24
レッズ対磐田@埼スタ
あえて既出なことを言ってしまうと、今の浦和レッズは啓太が核だ、 そう感じたホーム開幕戦だった。 ...続きを見る
ダイレクトにツナゲ
2006/03/12 23:07
2006年Jリーグ第2節 浦和 vs 磐田
まぁ、60点ぐらいでしょうかね。 ...続きを見る
Graf通信
2006/03/13 06:17
’06・3・11 ホーム開幕戦 快勝!
さきほど帰宅しました。 とりあえず写真を2枚ほど。記事は後ほど・・・。 ...続きを見る
RIWTA’S
2006/03/13 21:49
ホーム開幕戦勝利の意味
去年は開幕から流れを掴む事が出来なかった 勝ち点1の重みやスタートの大切さを痛感するシーズンになってしまった そういう意味で万博で引き分け後のホーム開幕はものすごく重要だった 磐田には怖さも感じなかった もう過去のチームになろうとしている きっと偉大だ監督の力によるものだろう それでも勝ててホッとした 3−1 徐々にチームとしての連係も整ってきているし 新加入の選手達にも期待がもてる事が見える様にもなってきた 今後もより期待できる事がなにより嬉しい 選手層も増し選手同士のポ... ...続きを見る
Reds Sound
2006/03/13 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!

TBありがとうございました。
アレックスは何かにとりつかれたような凄みがありましたね。
ぜひ次回もお願いしたいものです。
チーパパ
URL
2006/03/12 23:03
はじめまして
アレはあのプレーを持続してくれたら言うことないです。
Jリーガーの中じゃ一番キツイスケジュールこなしてるので
無理してほしくない気持ちもありますが。
ハマヂ
2006/03/13 00:21
TBありがとです。
アレがキレキレで凄かったですねぇ。
それと相馬、黒部と見れたのは良かったですよ。
でも、それ以上に良かったのは平川が復帰してくれた事ですかねぇ。
こうやって徐々に選手が復帰して来るとうれしいっす。
あとは達也だけだなぁ。
早く復帰して欲しいです。
あ、あとネネも。
hk
URL
2006/03/13 00:31
はじめまして。
TBから、こちらにお邪魔しました。
これからが楽しみですね。
A-KEN
URL
2006/03/13 01:39
トラックバックありがとうございます
カードもらい過ぎの感じがします 中には勿体無いのもある様な または闘う姿勢の表れを感じるのもあります
ただ 大事な試合での出場停止は避けてもらいたいですね
しゃらく
URL
2006/03/15 23:23
>hkさん
平川の復活!自分も待ってました。
達也はすぱいく履く段階まで来たようです。
当初の予定で復帰が4〜5月と言われていたので
全体練習合流も一ヶ月ぐらいで果たせるんでしょうか?

>A-KENさん
シーズンこれからですからね。
色々あると思いますが楽しみです。

>しゃらくさん
累積警告だけはカードもらっていると
避けられないですからね。
もう少しペース落としてもらいたい。
でも気持ちの入ったプレーは歓迎です。
ハマヂ
2006/03/17 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
vsジュビロ磐田【第2節】 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる