音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS vs清水エスパルス【第9節】

<<   作成日時 : 2006/04/24 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 土曜日に行われた第9節やっと見ました。録画したのを後で見ようと思っていたんですが、結果を知ってしまっているとどうも見る気が起きなくてこんなに遅れてしまいました。

J.League Division1 第9節(19:00 静岡スタジアム)

浦和レッズ 1-2 清水エスパルス

得点者:23分 マルキーニョス、25分 チョ・ジェジン、42分 ワシントン

GK:23 都築 龍太
DF:2 坪井慶介、4 闘莉王、20 堀之内聖
MF:6 山田暢久(⇒73分 30 岡野雅行)、17 長谷部誠、13 鈴木啓太(⇒82分 12 黒部光昭)
   8 三都主アレサンドロ、14 平川忠亮(⇒HT 19 内舘秀樹)
FW:10 ポンテ、21 ワシントン

SUB:1 山岸範宏、7 酒井友之、16 相馬崇人、34 エスクデロ


主審:家本政明


 内容的にはそんなに悲観するものではなかったですが、やっぱり敗戦へ至った原因はあります。それは集中力と注意力。どちらもかけていた結果失った先制点が全てだったように思います。そこから後は焦りと苛立ちで自滅してしまったような感じに受け取りました。

 普段なら見えていてもおかしくない所が見えていなかったりね。それと、遅攻が今の浦和のスタイルだけど、速攻で行ける時はそのまま行ってしまってもよいような気もしました。

 判定の面を見てもホームよりに転がったのは幾つかありましたけど、そこまで酷いものはなかったかなと思います。元々警告を出す枚数が多い主審ですが冷静さを失ったチームとサポーターは全てが正当でない様に思えてしまったことも考えられます。

 まぁ、いつまでも引きずらずに次の試合へ向けてまた気持ちを高めていくことが大事ですね。反省する面はたくさんあるけど、この試合で出た2枚の退場は幸いにもナビ杯で消化できるし。また大宮戦には万全の体制で臨めると思います。


浦和レッズイヤーDVD2005
浦和レッズイヤーDVD2005

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
審判によってブチ壊し
Jリーグ第9節。 首位を走る浦和レッズでしたが、静岡スタジアムエコバにて清水エスパルスに1−2で敗れて今季初黒星を喫し首位から3位に転落してしまいました(涙) ...続きを見る
FREE TIME
2006/04/26 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
vs清水エスパルス【第9節】 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる