音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS vs川崎フロンターレ【ナビ杯準々決勝第1戦】

<<   作成日時 : 2006/06/03 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 ナビスコカップ準々決勝の第1戦が行われました。相手は川崎フロンターレ、リーグ戦の前に当たれるのが、いいんだか悪いんだか。

ナビスコカップ 準々決勝第1戦(15:00 さいたま市浦和駒場スタジアム)

浦和レッズ 4-3 川崎フロンターレ

得点者:9分 ワシントン、18分 ジュニーニョ、32分 中村憲剛、49分 ワシントン、63分 マルクス、68分 ワシントン73分 ワシントン

GK:1 山岸範宏
DF:4 闘莉王、20 堀之内聖、19 内舘秀樹
MF:6 山田暢久(⇒HT 14 平川忠亮)、13 鈴木啓太(⇒89分 7 酒井友之)
   16 相馬崇人、10 ポンテ、17 長谷部誠
FW:21 ワシントン、9 永井雄一郎(⇒85分 30 岡野雅行)

SUB:28 加藤順大、 3 細貝萌、24 近藤徹志、12 黒部光昭


主審:奥谷彰男


 熾烈な点の取り合いでした。川崎の1、2点目の取り方なんて敵ながら”らしいな”と思いながら見てましたが、その時間帯はそんな悠長なことを考えている余裕もなかったです。浦和の動きがピタッと何かに憑かれたようにとまちゃってたからね。攻撃にスピードがない、判断が遅い、セカンドボールが拾えない等、この先どうなるのか不安にさせられるほど。

 後半は暢久に代えて平川を投入。「サイドから川崎を崩そう」という狙いがハッキリと分かる采配でした。それが今回はハマりました。マルコンの裏のスペースへ平川を走りこませる攻撃で流れを再び呼び寄せました。それでも一筋縄でいかないのが川崎、この対戦は毎回もつれるね。

 それでもワシントンが2試合連続のハットトリックとなる4得点で最後は逆転して試合を物に出来ました。いやぁ〜、厳しい戦いでした。まだまだ半分残ってるけどね。


浦和レッズイヤーDVD2005
浦和レッズイヤーDVD2005

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
逆転逆転!! ナビスコ杯 準々決勝 REDS vs 川崎フロンターレ 
@駒場スタジアム   観客19,292 スコアは4-3  ...続きを見る
流されてドコまで行くの
2006/06/04 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。1−2で前半を終了した時は不安でしたけど、後半、交代も含めて甦りましたよね! 勝てて良かった!手に汗握って興奮したゲームでした。次川崎のホームゲームでは、ガツーンと決めて、できれば無失点で、勝って欲しいです。
ECHO
URL
2006/06/04 12:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
vs川崎フロンターレ【ナビ杯準々決勝第1戦】 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる