音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『ラフ』

<<   作成日時 : 2006/09/01 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1

画像本日2本目の映画です、『ラフ』見てきました。

原作とは切り離して見た方がよいかもしれない、いや原作がないと繋がらない場面も出てくるんですが…微妙な所です。話がよく飛ぶんで、ちょっと全体的に内容が薄い感じを受けますね。自分は原作好き、というよりあだち充の漫画はよく読んでいたんで感じたことですが、映画であの作品の世界観と言うか雰囲気を出そうとするのはのは相当難しいですよね。あだち充ってよく表情でキャラクターに感情を表現させたりするんだけど、それが役者になってしまうとやっぱり無理がある。独特の”間”も出すのは困難だろうし。

あと、原作だと脇役のキャラがかなり印象深いんだけど、劇中ではその脇役の存在感がないに等しい。これじゃあただの恋愛映画になってしまって面白味がない。恋愛映画としても登場人物の感情の移り変わりが分かりにくい事もあって中途半端な感じが否めない。『ラフ』の何を表現したくて映画化したのかがイマイチ読み取れないままでした。

これはしょうがないことだけど、もこみちの身長が高すぎて全体的なバランスが悪いっていうのもある。かなりあの身長差は違和感を感じちゃいました。こればかりは「身長低くしろ」なんてことは言えないんだけど、それだったら中西役の身長を高くしないと。つか中西役の人は表情に嫌味があっていかにも”悪役”って感じで好きになれなかったし。もうちょっと感じのいいお兄ちゃんにしてあげないとねぇ。

唯一の魅力といえば競泳水着だと思うんだけど、長澤まさみの水着姿もそれほどあるわけではいし…市川由衣や田丸麻紀の方がスタイル的には良かったですしwそれは言わない約束ですか?

暇つぶしぐらいにはなるとは思いますが、わざわざ高いお金を払って見る作品ではないんじゃないかと思います。


ラフ 2 (2)
ラフ (2) (少年サンデーコミックススペシャル)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラフ(嫌いは好きと同じ気持ち、周りが本当の気持ちを導いてくれた)
「ラフ」はあだち充氏原作の漫画「ラフ」の実写版で高校の水泳部を舞台にした青春ストーリーである。長澤まさみ、速水もこみち主演映画として注目度も高い作品である。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2006/09/07 00:37
ラフ
見所は,主演女優の笑顔と,スキマスイッチの歌だけ。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/09/09 10:38
映画「ラフ ROUGH」
現在、公開中の映画「ラフ ROUGH」を鑑賞してきました。 ...続きを見る
FREE TIME
2006/09/10 00:18
映画「ラフ ROUGH」
『NANA』『タッチ』同様にコミックからの映画化作品、笑いと涙に片思いと友情、悩みと挫折と挑戦そして夢の実現・・スポーツ特待生達の寮生活が綴られる ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/09/10 10:34
『ラフ ROUGH』
青春をギュッと凝縮された様懐かしさでいっぱいな映画。 『ラフ』を見てきました。 とっても爽快な気分です。 ...続きを見る
Simply Wonderful ‐Ci...
2006/09/11 22:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
日本インターネット映画大賞スタッフ
2007/01/07 14:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画『ラフ』 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる