音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS vsイエメン代表【アジア杯予選】

<<   作成日時 : 2006/09/06 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

サウジアラビア、イエメンと続いたアジアカップ予選でのアウェー2連戦。

1試合目は高い気温と湿度の中でのサウジアラビア戦。
日本の出来もよくなかったが、サウジアラビアの出来も良くはなかった。ゲーム自体は日本の方がいい展開を作っていたように見えたけれど、決定的な得点機を決められなかった。それが響いて、後半サウジアラビアに先制を許し、そのまま試合は終了。

リーグ戦の真っ只中に遠征をして行われたと行くことや、厳しい条件下での試合だったことを差し引いても、勝てる試合を落としてしまっただけに悔しい気持ちが残った。


そんなサウジアラビア戦から中二日を空けて行われたイエメン戦。今度は標高2,300mの高地で行われた。試合を見た感じだと高地というよりも、グラウンド状態が悪かったことの方が影響が大きかったような気がした。

ピッチはデコボコ、時折砂煙が舞うほど芝の状態は最悪。グラウンダーのパスは跳ねて転がってくるし、勢いも殺されてしまっていた。これでは日本特有のパスワークは有効に使えない。でもね、今回の苦戦はそれだけが原因じゃない。

やっぱりシュートへ持っていくという意識がチーム全体に薄かったんじゃないかと思う。今回は3回くらいはゴール決まってていいようなチャンスはあったと思うけど、いずれもゴールの枠を外れてしまっている。ボールが暴れるといっても、そこは最低枠内には収めないと、その後のチャンスも生まれない。

終了間際に我那覇のゴールで辛くも勝利を掴んだけれど、課題が山積みだね。オシムの選んだ考えて走れる選手、確かに走れるかもしれない、ただ考えたとおりにプレーが出来ていない選手もいるし、同じ画を描けていない選手もいるように見受けられた。

代表での調整期間が短いというのはあるが、公式戦、特にアジア勢との試合においては”勝ち”以外はやっぱり評価は出来ない。そこは批判の絶えなかったジーコでさえも乗り切ってきた最低限のラインだったのだから。


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オシムジャパン選手の決定力不足を戦術で補い薄氷の思いで勝利を手にする
6日サッカーのアジア・カップ予選A組イエメン対日本の試合がサヌアのアリ・モーセンスタジアムで行われ、日本は後半ロスタイムでFW我那覇の初ゴールで勝利しアジアカップ出場権を手に入れられる2位以内をほぼ確保した。試合は前半から悪条件のピッチと標高2000メー... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2006/09/07 00:17
AFCアジアカップ予選【イエメン×日本】
アウェーでの対戦は厳しいですね。 ...続きを見る
多数に埋もれる日記
2006/09/07 06:34
■[09/06]アジアカップ最終予選、イエメン戦
アウェーで行われたアジアカップ最終予選、イエメン戦。標高2300メートルの高地、荒れたピッチ(オシムさんのインタビューでは、サッカーではなく、まるで何かの作業をしにきたそうだ)という最悪のコンディションの中、ゲリラが横行する危険地帯で行われた試合。これで.... ...続きを見る
コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェス...
2006/09/07 07:39
アジア杯イエメンに勝ち中東遠征1勝1敗
アジア杯の中東遠征イエメン戦が行われ日本1対0で勝利して 中東遠征1勝1敗だが1勝1分か2分と思ってたので良いか ...続きを見る
スポーツ瓦版
2006/09/07 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
vsイエメン代表【アジア杯予選】 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる