音の鳴る木

アクセスカウンタ

zoom RSS EL GOLAZOより 『停滞と前進』

<<   作成日時 : 2005/09/06 03:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 J1第22節のマッチレポートで今回の柏原主審のレフェリングに触れて書いてある記事がありました。メディアではあまり審判問題について取り上げてもらえないのが、サッカー専門新聞「EL GOLAZO」がやっと取り上げてくれたことは大きいし、ここを出発点に他のメディアもサッカー報道の方向性が変わってくれればいいなと思う。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2005/09/05/01.html

 審判問題に関連して、イタリア人審判ポエルルルイジ・コッリーナさんをJリーグが招聘に動いていると言う記事がスポニチに載った。このような動きは歓迎したい。世界的に優秀な主審を招きJリーグで裁いてもらえることは、他の主審にハッキリとした指針を示せることになるしそれによって技術向上にもつながるだろう。今までのJリーグのSRの裁き方があまり参考にしてもらいたくない人達ばかりだったので。

 だがまだ引っかかる部分がある、記事内のチェアマンのコメント「Jリーグの審判レベルは低くないが、審判はとかく文句を言われがち。コリーナ氏が笛を吹けばファンにも審判の権威が理解してもらえる」だ。Jリーグのトップがこのような考え方をもっていることはとても危険だ。主審の裁き方のレベルが低いから文句を言われる、そういう考えを持つことは出来ないのだろうか?更に”ファンへの審判の権威”って何ですか?そんな審判の権威の復活なんてものは、正しいレフェリングをしていればこそ、後からついてくるものだと思ってもらいたい。

 また間違えてはいけないこと、仮にコッリーナ氏のJリーグ招聘に成功したからといって今ある問題が全てが解決するわけではない。世界一と称されるコッリーナ氏だって酷い判定をすれば叩かれる、それがイタリアのメディアだった。そのような環境があって審判の技術向上があるとすれば、Jリーグを取り巻く周りの環境も変わってこなければ何も変わらない。”コッリーナ氏の判断だから全て正しい”という風潮が出来てしまうのなら、この問題は改善しない。

 早く根本的な問題点を見つめ直してもらいたいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
J-League will send an invitation to Collina?
[ Collina torna ad arbitrare: ecco il progetto della J-League. Pierluigi Collina potrebbe tornare ad arbitrare. Il miglior arbitro del mondo, dopo la decisione di lasciare il campionato italiano, e' stato chiamato dalla Federazione giapponese. Masaru... ...続きを見る
MASA-NET
2005/09/07 03:15
J-League or Serie A, which do you like, Collina?
[ La serie A reclama il ritorno di Collina ...続きを見る
MASA-NET
2005/09/10 05:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EL GOLAZOより 『停滞と前進』 音の鳴る木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる